ドローン飛行許可申請

1.包括申請(国交省ホームページ掲載機+独自マニュアル作成)

〇目視外飛行、夜間飛行、人又は物件から30m未満、人口集中地区内、危険物輸送、物件投下

※上記の中から可能なものを全て取得

〇国土交通省ホームページ掲載機(認定機)に限定・5機まで可能

〇独自マニュルを作成

※ヒヤリングを行い不要の場合は標準マニュアルを使用

〇操縦者5名まで可能

〇航空法以外の注意点解説(航空法以外の手続きが発生する場合は別途お見積り)

〇事故等が発生した際の役所連絡先一覧情報

〇申請した案件についての許可内容の相談(無制限)

〇特典サービス「個別無料コンサル・いつでもご相談・事故時連携サービス・助成金無料相談」・・・希望者のみ

2.個別申請(国交省ホームページ掲載機+航空局標準マニュアル使用)

※飛行場所と時間が特定されている飛行プランを個別具体的に申請します。
空港周辺や高度150m以上等、包括申請できない案件は全てこのプランになります。

〇空港等の周辺、イベント上空、地表または水面から150m以上、夜間での目視外飛行、人口集中地区内での
夜間飛行等、包括申請できない案件が対象

〇国土交通省ホームページ掲載機(認定機)に限定・5機まで可能

〇航空局標準マニュルを使用

※ヒヤリングを行い「独自マニュアル」の作成が必要となった場合は、追加料金11,000円となります。

〇操縦者5名まで可能

〇航空法以外の注意点解説(航空法以外の手続きが発生する場合は別途お見積り)

〇事故等が発生した際の役所連絡先一覧情報

〇申請した案件についての許可内容の相談(無制限)

〇特典サービス「個別無料コンサル・いつでもご相談・事故時連携サービス・助成金無料相談」・・・希望者のみ

3.飛行許可の更新(同一内容・条件)

1年毎の飛行許可の更新代行です。同一の内容・条件の場合に限ります。
更新と同時に独自マニュアルに変更したい場合はDIPSでは「変更」となります。

4.変更・追加

更新申請と同時のご依頼は、各1点まで上記3.飛行許可の更新に含みます。
但し、変更・追加の数によっては別途見積もり致します。

  • ◎飛行マニュアルの変更   
  • ◎操縦者、機体の変更 
  • ◎機体の追加     
  • ◎操縦者の追加  

関連記事:


業務提携:矢野法務事務

行政書士 第22080427号
宅地建物取引士 (東京)第276915号
日本WEBライティング協会公認インストラクター